MENU

藝大アートプラザで働いてみませんか?《採用募集》アートギャラリーマネージャー職

ライター
藝大アートプラザ編集部
関連タグ
おしらせ

みなさま、はじめまして。藝大アートプラザのスタッフ、鳩です。藝大アートプラザの主にWebやSNSまわりを担当しています。

現在、藝大アートプラザでは「アートギャラリーマネージャー職」を募集中です。この記事では、私たちが働くギャラリーの紹介と、仕事のスタイル、一緒に働く仲間に求める人物像など、ご紹介します。

藝大アートプラザってどんな場所?

東京藝術大学(以下、藝大)上野キャンパス構内にあるアートギャラリー、藝大アートプラザ。2018年に小学館と藝大の協働事業としてスタートしました。「藝大と世界の接点となる場所」を目指し、オンライン・オフラインとわず、藝大発のアート作品や新進気鋭の作家たちを、社会に広めるための活動を展開しています。

藝大アートプラザは入場無料。藝大生やアートファンはもちろん、上野周辺の美術館・博物館巡りをされるお客様、最近では海外からお越しいただく方など、幅広い属性のお客さまにご来場いただいています!

2022年春にはWebサイト(現在見ていただいているこのサイト!)、秋には展示空間を大幅リニューアル。シンプルな「ホワイトキューブ」をテーマに、これまで以上に作品が引き立つギャラリーへと生まれ変わりました。

現在は、隔月に1回(年6回〜)の企画展を中心に、毎回ひとつのテーマのもと30〜50名のアーティストによる作品を展示。油画、日本画、工芸、彫刻、デザイン等、藝大ならではの、多彩な学科・専攻が集まるため、他のギャラリーではなかなか見ることができない、常に新鮮で多様な作品群が特徴のひとつです。

日本トップクラスの総合芸術機関である東京藝術大学。その卒業生を中心に、教師・学生等関係者の作品を展示販売しています

▼直近の展示風景はこちら
独自の世界観が爆発!企画展「Met“y”averse ~メチャバース、それはあなたの世界~」前期
大賞受賞作家の新作が一堂に!写真で見る企画展「The Prize Show!~What’s 藝大?~」

▼藝大アートプラザの媒体資料はこちら
媒体資料(11月更新).pdf

ギャラリーでの働き方について

藝大アートプラザは、キュレーターとギャラリースタッフを中心に、Webやギャラリーを統括するリモート中心のディレクターなど、あわせて10名以上のスタッフで運営しています。

今回募集している「アートギャラリーマネージャー職」は、お客さまへの展示のご案内やレジ対応などの接客業務のほか、Slack(オンラインチャットツール、使ったことがない方もご安心を!)でリモートのスタッフたちともコミュニケーションをはかり、展示空間や広報の改善にも加わっていただきます。

また、現場にいるからこそ気づくちょっとした変化やお客さまの声をキャッチアップして、改善策を検討いただいたり、WebやSNSの投稿内容を検討したりと、アイデアとクリエイティブな発想が求められる作業も多くあります。

▼藝大アートプラザのInstagram、Twitterはこちら
Instagram: @geidai_art_plaza
Twitter: @artplaza_geidai

具体的なお仕事内容は?

スタッフは、作品を鑑賞されるお客さまとのコミュニケーションやレジ対応のほか、展示の設営やキャプションの制作、一部作品のレイアウト等を担当。経験に応じて、写真撮影やSNSの投稿、ECサイトの運用もご協力いただきたいと考えています。マネージャー職の方には、売上報告やシフト管理といった、マネジメント業務をおまかせいたします。

こんな方と一緒に働きたい!

左からスタッフ増田、鳩、齊藤。
増田「明るく元気な方、新しいことに積極的にチャレンジできる方でしょうか!」
鳩「とにかく前向きに、自分ごととして課題に向き合ってくださる方が嬉しいです。」
齊藤「柔軟な発想で、臨機応変に問題に対応できる方と働きたいです。」

アート空間として、より心地よい場所にするには何が必要か? アートを所有する楽しみを伝えるにはどうしたらよいか? あれこれ一緒に悩んで、(失敗してもよいので)どんどん改善策に取り組めたらうれしいです。

みなさまのご応募・DMおまちしています!

詳しい募集要項・ご応募の方法は、下記よりチェックしてみてください。

また「こんな働き方できないかな?」「ちょっと気になるけど今すぐは…」なんて方も、Twitter公式アカウントのDMに、お気軽にお問い合わせください。みなさまのご応募・DM、おまちしております!

おすすめの記事