MENU

山田耕筰とはどんな人?出身地や生い立ち、有名な曲など紹介

ライター
あきみず
関連タグ
偉人

秋になると、夕方の時報チャイムで流れることも多い『赤とんぼ』。まるで昔話のような歌詞の『待ちぼうけ』。そして『この道』『からたちの花』、どれも学校の音楽の時間で習う有名な歌です。

これらの作品を作った山田耕筰(やまだ こうさく)は、大正~昭和の日本の近代音楽を牽引しつづけた功労者です。
山田耕筰の生涯や作品など、ざっくり大づかみしてみましょう。

山田耕筰の生涯とは?

山田耕筰は明治19(1886)年6月9日に東京で生まれました。父は謙造(謙三)、母はひさ、長姉は婦人運動家のガントレット恒子です。

関西学院を経て、明治37(1904)年、東京藝術大学音楽学部の前身である東京音楽学校に入学、明治41(1908)年に本科声楽科を卒業します。その後、東京音楽学校の研究科に進み、在学中の明治43(1910)年には岩崎小弥太の援助を受けてドイツに留学します。4年間のベルリン高等音楽学校留学中は、作曲を学びました。

帰国後の大正4(1915)年、山田耕筰は日本初の交響楽団・東京フィルハーモニー管絃楽団を結成し、国内での交響楽運動の創始者となります。
翌年12月から1年半のアメリカ滞在中には、カーネギーホールで自作の管弦楽曲を演奏しています。

大正9(1920)年には日本楽劇協会を、大正14年には日本交響楽協会を創設し、日本でのオペラ・交響楽の普及運動を行いました。
大正11(1922)年、北原白秋と雑誌『詩と音楽』を創刊、大正14(1925)年には小山内薫と劇団「土曜劇場」「新劇場」を立ち上げるなど、日本語の特徴を活かした歌詞を持つ歌曲や映画音楽などにも意欲的に取り組み、功績を残しています。

昭和11(1936)年にはフランス政府からレジオン・ドヌール勲章を、翌12(1937)年には日独文化協会より功労賞を、昭和16(1941)年には朝日文化賞を受け、昭和25(1950)年にはNHK放送文化賞と文化功労者に選ばれています。

昭和40(1965)年12月29日、東京で79年の生涯を閉じました。

山田耕筰の作品とは?

山田耕筰の作品というと、まずは童謡が思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。山田耕筰は日本語の特徴を歌詞にも反映させた歌曲を多数書いており、オペラ・歌曲・童謡など歌詞のついたものが特に有名ですが、交響曲・交響詩・ピアノ小品なども作曲しています。

代表作には、童謡『からたちの花』『この道』『赤とんぼ』『あわて床屋』『待ちぼうけ』、歌曲『六騎』『幽韻』『病める薔薇』、オペラ『堕ちたる天女』、『黒船』、交響曲『かちどきと平和』、交響詩『曼陀羅の華』などがあります。

また、文才にも恵まれ、『耕筰楽話』はじめ多数の著書を残しました。

アイキャッチ画像:『山田耕筰童謡百曲集より 赤とんぼ』国立国会図書館デジタルコレクションより

参考文献:
・『日本大百科全書(ニッポニカ)』小学館
・『世界大百科事典』平凡社
・『デジタル大辞泉』小学館
・『日本国語大辞典』小学館
・『国史大辞典』吉川弘文館
・『日本人名大辞典』講談社
・『日本近代文学大事典』日本近代文学館

おすすめの記事