MENU

企画展「NIPPONシリーズ③ うるしのかたち展2020 – Forms of urushi -」開催のおしらせ

ライター
藝大アートプラザ
関連タグ
企画展情報

NIPPONシリーズと題して、日本の絵画や工芸を専門とする、東京藝大の研究室による展覧会を開催いたします。第三弾では、漆芸(漆工)研究室の教員と学生による「生活に寄り添う」をテーマとした漆の作品を展示販売いたします。特別企画として、出品作家が制作したお箸も勢ぞろいします。漆の特性を引き出したアートピースから生活の中で使えるものまで、29名による個性豊かな漆の表情を是非ご高覧ください。

会期:2020年12月18日(金)~2021年1月17日(日)
休業日:2020年12月21日(月)、12月28日(月)~ 2021年1月5日(火)、 2021年1月12日(火)

【出品作家】
大西長利、増村紀一郎、三田村有純、小椋範彦、青木宏憧、佐々木岳人、田中舘亜美、川ノ上拓馬、大崎風実、橋本遥、長島友治、奥窪聖美、今井美幸、加藤大介、馬莉、李沛沛、池庭旼、若月美南、関口雄希、野田怜眞、矢部桜、任爽、林真央、石川まどか、小林このみ、下村史、蘇布逹、時田早苗、雷聖妤

出品作家インタビューはこちら!
小椋範彦石川まどか

関連記事はこちら!
漆入門はお箸から!生活が楽しくなる、気鋭のアーティスト達が手掛けたアーティスト箸はいかが?!「うるしのかたち展2020 – Forms of urushi -」【かるびの「秘境」藝大探検 Vol.23】

重箱だけじゃない!漆の可能性を広げる、「うるしのかたち展2020」のユニークな作品を一挙紹介!【かるびの「秘境」藝大探検 Vol.24】

2020-07-15_Ys.jpg

おすすめの記事