MENU

NIPPONシリーズ② 「手から手へ」豊福誠教授退任記念 歴代教員による作品展

ライター
藝大アートプラザ
関連タグ
企画展情報

NIPPONシリーズと題して、日本の絵画や工芸を専門とする、東京藝大の研究室による展覧会を開催いたします。第二弾では陶芸研究室の歴代講師・助手による作品を展示販売いたします。同時期には陳列館にて豊福誠教授退任記念展が開催されます。

作家の「手」によって作られた作品は、使う人の「手」に受け継がれ磨かれます。師の「手」の仕事は、それを学び合う仲間に受け継がれ、新たな作品を生み出します。手から手へ、継承と展開の様相をご高覧ください。

2020年11月20日 (金) – 12月13日 (日)
11:00 -18:00

入場無料
休業日 11月24日(火)、30日(月)、12月7日(月)

【出品作家】
石井寿郎、井戸川豊、榎本洋二、正親里紗、大藪龍二郎、奥田康夫、苅込華香、北郷江、 越範広、佐々木誉斗、佐藤典克、茂田真史、島田文雄、セキグチタカヒト、田中隆史、髙岡太郎、 髙橋侑子、豊福誠、中嶌雄里、西村圭生、樋口拓、平井雅子、 廣瀬義之、帆足桂、 前沢幸恵、三上亮、望月集、百田輝、山本直紀、山本裕里子、吉田周平

関連記事はこちら
「手から手へ」開催記念特別企画 豊福誠 教授×三上亮 准教授対談 ―藝大陶芸教育の歴史と、これからの「やきもの」―

藝大アートプラザに陶芸の植物園が出現?!企画展「手から手へ」で注目のアート植木鉢に注目してみた!【かるびの「秘境」藝大探検 Vol.21】

現代アートから日常使いのうつわまで!個性が伯仲した陶芸展「手から手へ」【かるびの「秘境」藝大探検 Vol.22】

出品作家インタビューはこちら
平井雅子

2020-07-15_Ys.jpg

おすすめの記事