MENU

現在と過去・リアルと虚構が曖昧に。増田将大のユニークな作品世界

ライター
菊池麻衣子
関連タグ

特定は出来ないのだけれど、行ったことがあるような気がする場所ってありませんか?
増田さんの作品を見ていると、ふとそのような場所にたたずんでいるような感覚に陥ることがあります。懐かしいような、ちょっと怖いような、過去でもないけど未来でもないような、不思議な感覚です。なぜそのような感覚が呼び起こされるのでしょうか?
一つは、「今ここにある現実世界が等身大で映し出されているかのようなスケール感がある」こと、もう一つには、「同じ状況が少しずつズレて何層にも重なって映し出されている」ことがそのヒントになりそうです。

作品を背に立つ増田将大さん

増田さんの制作過程は、まずある場所を撮影し、撮影した画像をプロジェクターで同じ場所に投影してまた撮影するということを繰り返します。そのようなプロセスを何十回、ときには何百回も繰り返してできた画像を、今度はシルクスクリーンという版画の技法でキャンバスに刷り重ね、絵画のようなマチエールをまとった作品として仕上げます。
古城、小島、乗馬小屋など国内外の様々な地で撮影を繰り返してきた増田さんですが、コロナの影響下では、身近な場所にモチーフをシフトしました。茨城のシェアアトリエ「スタジオ航大」にある親友のアトリエや、通い慣れた藝大の一角を撮影して制作した新作も含めて、彼が表現する世界を紹介していきます。

部屋がそのまま続いているかのように見えるほどスケール感のある増田さんのシルクスクリーン作品が壁にかけられていました。2022年、取手の「スタジオ航大」にて。

そもそも、増田さんはこの複雑な制作方法をどうやって思いついたのでしょうか?

増田さん曰く「映画をプロジェクターに写して見るのが好きだったので、学生時代にはよく、大学からプロジェクターを借りてアパートで見ていました。すると狭いアパートでしたので、家具などのインテリアにも映像が映りかぶさって、映画の世界が実生活の時間軸に流入してきました。リアルな世界に虚構が重なった時の感覚を作品にしてみたいと思いました。ただ、映像がそのまま写った状況を撮影しただけだと、著作権もあって発表できないので、ひと工夫しようと考えたところ、一度撮影した画像を家の中に投影して再度撮影するということを繰り返すことで、自分で組み合わせたオリジナルの情景を作り出すことを思いつきました。何度も実験しているうちに、現在に過去が写り、リアルと虚構の境目が曖昧になっていくことが面白くなってきて、その不確かさを可視化したいと思うようになったのです。その際、ただ写真としてそれを作品にするのではなく、アナログな『絵』に落とし込むことで物質感を出そうと考えました。」

すごい! 実験と熟考を繰り返して「発明」したのがこのオリジナルの制作プロセスなのですね。彼の作品と対面すると異次元に連れて行かれる感覚が湧き起こるゆえんもわかってきました。
ところが、こんな増田さんの作品も、東京藝術大学美術学部絵画科油画の卒業制作時は、学内での評判があまり良くなかったとのこと!
プロになれるか不安になっていた彼に、再度やる気を起こさせたある人物とは?

ZOZO前社長の前澤友作さんとの出会い

23歳の増田さんにとって大きな励みとなった存在は、ZOZOの創業者で前社長の前沢友作さんです。増田さんが、公益財団法人現代芸術振興財団が主催するアートアワード「CAFARTAWARD2014」で最優秀賞を受賞したのがきっかけです。
受賞当日、財団の代表である前澤さんが、入賞者たちに質問を投げかけたそうです。彼らの答えは似たり寄ったりで「〇〇美術館で展示をしたい」といったものでした。すると前澤さんは「夢が小さい! アーティストだからということにとらわれなくてもいいんだよ。突飛すぎて人からバカにされてもいい。僕の夢は、世界から戦争をなくすことだ!」とコメントしたとのこと。

シビれますね~! かっこいい。何年もたった今、間接的に聞いても鳥肌が立つくらいですから、リアルタイムで同席していた皆さんの感動はどれだけ大きかったことでしょう。
そんな前澤さんが、増田さんの受賞作品を気に入って購入し、オフィスに飾ってくれたというのですから、それこそ夢のようなお話。
大学内での評判が芳しくなくて悩んでいた当時の増田さんは、思いがけず外部から「いいね!」という評価をもらい、プロとして続けていきたいと決心することができたそうです。
実際のアートファンが、独自の感性で作品と向き合った末に購入するということ。それが持つ重要な意味を実感したエピソードでした。

「CAFARTAWARD2014」最優秀賞を受賞した増田さんの作品《Interveningspace》 

新作には、母校の藝大が登場

2022年10月に、MARUEIDOJAPAN(東京赤坂)で開催した増田さんの個展では、今までと違う二つのポイントに気がつきました。一つは、白・黒・灰色というほぼモノトーンの作品ばかりだったことで、もう一つは、絵の具が厚く重なっていて、フレスコ壁のようなボソボソとした質感が出ていたことです。
今までは色彩もあり、薄塗りのシルクスクリーンだったので、写真に近い作風だったのですが、今回は、モノクロで土壁のようにザラザラとした質感があるのでより絵画的でした。クラシカルな雰囲気に惹かれて近づいてみたのがこちらの作品です。

Moment’s#78
2022
mixed-media / Silkscreen / Acrylic, Canvas, and Wood Panel
H 600 × W 900 × D 45 mm

例えば19世紀フランスのサロンで絵画が並べられた廊下のような、または、収蔵庫のような、ヨーロッパの美術の香りがしたのですが……。
なんと、藝大の壁画科の一角を作品にしたとのこと!
藝大出身の方、わかりますか?

増田さんにこの作品のことを聞いてみると「1枚目の写真を撮った時は、ただ絵が並んでいてイマイチだなと思ったのですが、画像を重ねていくと、奥の方まで絵がたくさん飾られているような雰囲気が出て、なかなか良いなと思ったのです。日本の美大なのだけど、たまたまミケランジェロの模写がおいてあったりしたので、ルネサンス期や欧米の美術の空気感がでました。場所も時代も錯覚させるような作品になったと思います。無機質なドアや廊下といったモチーフはパース的な奥行きを生み出し、その向こう側に広がる空間と時間を連想させる効果があります」と話してくれました。

初めて親友のアトリエを作品にしてみた

増田さんは、取手にある関東最大のシェアアトリエ「スタジオ航大」で卒業以来制作活動を続けているのですが、同じようにシェアしている画家の小津航(おづわたる)さんとは大の仲良しです。
ずっと彼のアトリエを撮ってみたかったとのことで、ちょうど小津さんがアトリエを大々的にリニューアルして綺麗にしたタイミングで作品にしてみたとのことです。
実は、ちょうどそのタイミングで私も小津さんの取材のためにアトリエを訪問していたので、同じ様子のアトリエを見ていたのです! (その時のインタビュー記事はこちらをご覧ください⇒藝大出身アーティスト・小津航インタビュー。3年間リンゴを描き続ける理由は?
でも、MARUEIDOJAPANの個展でその作品を最初に見た時はわかりませんでした。

小津さんのアトリエを撮影して制作した増田さんの作品
​​Moment’s#70
2022
mixed-media / Silkscreen / Acrylic, Canvas, and Wood Panel
H 900 × W 1500 × D 45 mm

しかし、「これは小津さんのアトリエです」と伝えられた瞬間に「あっほんとだ!」と分かりました。実は、彼のアトリエを見たことがある他の人の反応も同じだったそうです。もし、普通に写真で見せられたら、「あの時のアトリエね」と間髪入れずにわかるはずですから、複雑なプロセスを経て作品化された効果がこの認知のギャップとして表れたと想像できます。

増田さんは次のように解説してくれました。
「小津さんのアトリエは、イーゼルがあって画家を象徴するようなアトリエです。小津さんにはルーティンがあって、絵の具などの道具を同じ場所に片付けてから帰るのですが、椅子の向きが変わっていたり、靴を脱ぐ位置が違っていたり日々少しずつズレが生じているのが分かります。また彼の絵はどんどん描き加えられていきますし、完成すれば作品は入れ替わります。人がいない無機質な情景を撮っていた今までの作品とは違い、演出していないのに劇場の舞台のような作品となりました。そこには、会社や学校に通っている人たちとは違う、『画家の時間』が流れています。時間軸が、太陽の動きではなく、絵の完成具合と連動して流れているのです。」

アーティストって、私たちと違った時空に生きているのだろうなと漠然と感じていましたが、増田さんの作品は、作品中心に流れるアーティストの時間を見事に可視化してくれました。

作品世界を体感できるインスタレーションも登場

私が取材に訪れた時には、オープンスタジオとして「スタジオ航大」を一般に公開していたのですが、そこでは、現在が一瞬にして過去になり、過去が変形されたり増幅されたりして記憶がどんどん曖昧になっていくという状況を、増田さんのインスタレーションで体感することもできました。
インスタレーションの部屋では、1秒前の自分のシルエットが次々と増えていくと同時に、左右のミラーシートに映った虚像の自分もどんどん増えていくので、過去も現在も、虚像の実像もごった煮状態になっていきます。それが面白くて、皆で色々な動きを試したりして遊べるのですが、人間の知覚や記憶がとても曖昧であることを実感します。

1秒前の自分のシルエットがどんどん増幅していくスクリーン

左右のミラーシートには虚像の自分たちが!

私たちが、「絶対忘れるわけがない」「これは絶対正しい」と思っていることも、実は記憶の中では急速に変形して曖昧になっていることを増田さんは作品で可視化してくれています。こういうことが脳内で起こっているから、幽霊たちの存在がまことしやかに語られる怪談があったり、探偵物語では、同じ事件に対する証言が人によってびっくりするほど違ったりするのだろうなと思考が広がっていきます。
そして、絶対的な⼀つの視点など存在しないということは、私たちはもっと自由に発想・行動していいわけだし、「変わっている」からといって排除するのではないおおらかな世界を作っていけそうだという希望が湧いて来るのでした。

【増田将大プロフィール】

増田将大は1991年静岡生まれ、2020年東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。対象となる何気ない⾵景を撮影し、その画像をプロジェクターで同じ場所に投影。再び同じ視点で撮影するというプロセスを複数回くり返し、さらにそれをキャンバスの上にシルクスクリーンで刷ることで、多数の図像と絵の具の重なり、掠れを孕んだイメージを映し出す。幼少期に鑑賞したSFやホラー映画での体験を下地に、現実と虚構を画面に定着させ、時間を視覚化した作品を生みだしてきた増田は、我々の生きている時間は、⼀瞬⼀瞬が連続する映画フィルムのように連なり、形づくっているのではと想起している。

カメラとプロジェクターを用いたイメージの重なりとズレは、絶対的な⼀つの視点など存在せず複数の客体が存在し、多くの瞳に多様な写り⽅をするように、⼀つのイメージもまた複数存在していることを⽰唆している。

出典:美術手帖より、アーティスト本人が一部加筆

おすすめの記事