MENU

アートを楽しむ

上野や谷根千など藝大アートプラザ周辺の店舗や藝大出身アーティストへの取材など、アートを「楽しむ」記事をお届けします。

2022-05-11

谷中散歩の新名所。〈喫茶ニカイ〉は昭和レトロの宝庫だった

谷中は有名カフェの多いエリアですが、その中でも最近ひときわ人気なのが〈喫茶ニカイ〉。 名物メニューは透明感のあるクリームソーダ。それに加え、古民家の2Fフロアをリノベーションし、80年代J-POPをBGMにした空間は若い世代にも受けています。また、谷中にあるステンドグラス店の「nido(ニド)」が手がけたランプがテーブルや店内を彩り、店同士のつながりも感じられるのが良いところです。 谷中散歩で押さえておきたい美しいビジュアルのクリームソーダを中心に、メニューや店内の様子、店に込めた思いなどをご紹介します。 水色のクリームソーダにフランス産のヨーグルトアイス 「喫茶ニカイ」の名物メニューは、「ニ […]

READ MORE

2022-04-14

江戸時代のゆるかわ王? 絵師・鍬形蕙斎の描く動物がカワイイ

若冲の猿に国芳の猫、応挙や仙厓の仔犬たち。かわいい動物画がめじろ押しの江戸時代に、「単純なカタチがかわいい!」という新たなフィールドを切り拓く絵師が現れました。それが、江戸生まれの鍬形蕙斎(くわがたけいさい)だったのです。 一冊 版本 寛政9(1797)年 初版(画像は近代の摺り) 個人蔵 鍬形蕙斎とは何者? 15歳で浮世絵師としてデビューし、北尾政美(きたおまさよし)の名で多くの役者絵や版本挿絵を描いた天才、鍬形蕙斎。寛政6(1794)年、津山藩(岡山県)のお抱え絵師となって狩野惟信(かのうこれのぶ)に入門。いったんは狩野派の画風を身につけますが、やがて独自の技を編み出し、脱力感満載の絵本「 […]

READ MORE

AREA

KEYWORD